Now Loading...

    【横浜 激辛 ラーメン】横浜家系ラーメン「鶴一家」の「地獄ラーメン」は天国だった!【激辛探訪】

    にほんブログ村 グルメブログへ B級グルメランキング
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

    公開日 2019年11月16日

    更新日 2020年06月30日

    職場の最寄り駅であるJR横浜駅周辺で激辛料理を提供しているお店を探していたところ、横浜家系ラーメン「鶴一家」を発見した。激辛の「地獄ラーメン」が食べられるということで、激辛大好きの私は早速お店に行くことにした。

    「鶴一家」について

    「鶴一家」はJR横浜駅から徒歩4分という好立地なうえ、24時間営業年中無休であることから、地元では人気のラーメン店であり、口コミサイトの評判も高い。「鶴一家」では通常の家系ラーメンと、激辛の「地獄ラーメン」を提供しているのも特徴である。(JR横浜駅周辺には多数の横浜家系ラーメン店が存在するが、激辛を提供している店は少ない※あくまで私の感覚であるが)
    メニュー

    「地獄ラーメン」の激辛を注文

    食券機で地獄ラーメンを購入して席につき、辛さを伝える。辛さは1~5の5段階があり、必要に応じて辛さを追加することができるとのこと。私は迷うことなく激辛を注文した。
    ちなみに辛味噌とおろしにんにくが無料でトッピング可能である。
    辛さメニュー

    気になる営業時間

    24時間営業。
    無休。
    注文方法は?
    食券機で購入。
    今回のメニュー
    名前:地獄ラーメン
    種類:ラーメン
    料金:880円
    時間:注文してから10分程度
    コール:激辛

    「地獄ラーメン」の激辛を実食

    注文から10分程度で「地獄ラーメン」の激辛がやってきた。
    横浜家系ラーメンではみたことのない赤みのあるスープに、のりに乗せられた唐辛子。なかなかの地獄具合である。
    具材は、チャーシュー、白ネギ、ほうれん草、のりが入っている。
    地獄ラーメン

    スープをすくいあげてみると、横浜家系ラーメンの特徴である豚骨スープのとろみが少しあり、良い香りがただよい、食欲がそそられる。
    一口飲んでみると、めっちゃうまい。豚骨スープの旨味とクリーミーさ、辛さが絶妙なバランスでマッチしており、ただ辛いだけではなく、しっかりうまい。
    スープ

    のりの上に鎮座していた唐辛子たちをスープに溶かす。辛さは若干増すものの、やはりうまい。豚骨と激辛の相性は抜群である。
    唐辛子

    チャーシューは分厚く、柔らかく、食べ応えあり。
    チャーシュー

    ほうれん草は程よく火がとおっており、しんなりしつつも、食感を残している。
    横浜家系ラーメンといえばほうれん草、のり。豚骨スープとの相性が抜群である。
    ほうれん草

    麺は中太麺でもちもちした食感であり、歯ごたえもある。豚骨スープがよく絡む。
    麺

    味わっているとあっという間に完食。豚骨と激辛がうますぎて、地獄ではなく天国であった。個人的にはこの辛さが豚骨のうまみとの黄金比であり、これ以上辛いとバランスが崩れてしまうように思われる。
    完食

    横浜に立ち寄った際には是非豚骨と激辛のコラボレーションを味わってみてほしい。
    横浜家系ラーメン「鶴一家」

    アクセス

    住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-7-34
    電話:045-324-5568
    交通:JR『横浜駅』(353m) ※徒歩4分
    駐車場:駐車場なし ※近くにコインパーキングあり
    時間:24時間営業
    定休日:無休
    座席:カウンター10席、ほかテーブル席2

     

    •  
      辛さ
    •  
    •  
    •  
      コストパフォーマンス
    •  
      駅近
    3.8
     
    The following two tabs change content below.
    おかももたろ
    藤沢市在住のアラサーサラリーマン。激辛大好き、動物大好き、ドライブ大好き、子育て奮闘中。 最近ブログを再開、執筆中(おかももたろ日記:https://okamomotaro.com/)

    この記事を書いた人