Now Loading...

    【駒込 激辛】(初心者向け)駒込で見つけたマイルドな激辛!激辛・麻辣担々麺を食べる!担々麺 辣椒漢(ラショウハン) 駒込店 【激辛探訪】

    にほんブログ村 グルメブログへ B級グルメランキング
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

    公開日 2019年01月11日

    山手線沿線で激辛を求めて、検索中なんと駒込にも激辛をだすお店があるという。(まあ、どこにでもありそうだが、)生まれてこの方全く知らなかったので行ってみる事にした。時間は、閉店1時間前早くいかないとラストオーダーになってしまう。焦っていたが、駒込駅からでてすぐのところにあったので一安心。お店には数人お客さん。食券機は入って右側奥にある。食券を購入して、カウンターに座った。食券を購入後、「激辛にしますか?麻辣にしますか?」コールがあり、麻辣にする。これは激辛にすると麻辣が入らないというだけで、入れると痺れが追加されっるというもの。ならば入れたほうが良いでしょう。

    担々麺 辣椒漢は、神田と駒込に2店舗展開

    2019年1月現在、神田(本店)と駒込の二店舗が展開。駒込の他、神田でも味が楽しめる。

    気になる営業時間

    月曜から金曜日、ランチ11時から14時30分 ディナー17時30分から23時
    土曜日、ランチ11時から15時 ディナー18時〜23時
    日曜日、ランチ11時から15時 ディナー18時〜22時

    注文方法は?

    食券を購入

    今回のメニュー

    名前:激辛・麻辣担々麺+替え玉
    種類:ラーメン
    料金:950円+100円(税込)
    時間:注文してから7分程度
    コール:麻辣のせ

    激辛・麻辣担々麺がやってきた。

    担々麺がきた。なかなか早い!スタッフの方が「辛さが足りなければ調節しますので」と話してくれた。この気配りはうれしい。丼はやや小さめこれなら、飲みの締めにもちょうどよい大きさでしょう。
    スープを一口すする。激辛ではあるが、食べられる中での激辛を追及しているように感じた。味はしっかりとした、コクがありシビレがたまらん。
    激辛・麻辣担々麺スープ

    小松菜が大きくドカンと入っている。
    激辛・麻辣担々麺

    麺は太平麺。もちもちとしてしっかりとスープも絡みつく。バランスが良い!激辛・麻辣担々麺 太麺

    次にテーブルトッピング『天鷹唐辛子粉(河北華田食品有限公司)』これを入れてみる。

    一杯いれて、辛みを追加。ヒリヒリ感が増してさらにおいしくなった。

    次にシャキッとしたカイワレもおいしくいただく。
    激辛・麻辣担々麺 カイワレ

    そして替え玉も頼めるという事なので、替え玉を注文。今度は細麺。

    さらに、唐辛子を追加(入れすぎ?)。

    細麺でもなかなかうまし!食感の違いを楽しめるので個人的には違う麺を入れられるのは好き!

    後を引くスープのせいで、飲み干してしまった。なかなかのおてまえ!満足だ!

    辛さに関しては、激辛にはじめて挑戦するなどにはちょうどよさそう。逆に激辛を食べすぎている人には辛さは足りないかもしれない。
    次回行くときには、テーブルとピングではなく、マスターにお願いして辛さを追加してもらうようにしてみたい。担々麺 辣椒漢(ラショウハン)

    アクセス

     

    東京都豊島区駒込1-29-8


    住所:東京都豊島区駒込1-29-8 仲尾ビル 1F
    交通:JR山手線駒込駅:東口下車・・・徒歩1分
    東京メトロ南北線駒込駅:3番地出口下車・・・徒歩4分
    座席:10席(カウンター・テーブル)
    営業時間:月~金:11:00~14:30/17:30~23:00 土:11:00〜15:00/18:00〜23:00 日:11:00〜15:00/18:00〜22:00
    定休日:不定休

    •  
      辛さ
    •  
    •  
    •  
      コストパフォーマンス
    •  
      駅近
    3.3
     
    The following two tabs change content below.
    アバター

    ウェブクリエーターオマツ

    ウェブ制作事務所代表。 2015年12月からダイエットで、15kg減量達成も79kgから体重が減らず、仕事のストレスと食レポ掲載のため大量に食べてしまい体重が減らないのが悩み!若干リバウンド中!!

    この記事を書いた人