【no pork 一蘭】2019年2月28日オープン!100%豚骨を使っていない一蘭のラーメンはどんな味なのか。no pork第一号「西新宿店」いただいてみた!【激辛探訪】

ラーメン100%豚骨不使用
ɂقuO OuO H׃O OuOLO

一蘭と言えば、豚骨ラーメン。どこでも大行列ができるほどの超有名店。しかも個室っぽい座席も独特である。今回はお昼を食べたのに、この一蘭を発見してしまったのでお昼のはしごをしてしまったなんとも怠惰な事だ。調べてみると、この一蘭「100%とんこつ不使用ラーメン」の一号店なんだとか。2019年2月28日オープンということでまだ一か月もたっていない。楽しみだ。

しかし、ちょっと高くないですか?!比べるのは申し訳ないかもしれないが、神田天神なら二杯はいける金額。隣にある5選のボタンを見てびっくり1800円だ。さらに替え玉も210円だし二倍高いといったところ。ここまで高いのならば味は絶対に旨くなくてはいけないぜ!豚骨ラーメンは確かにウマいと思うが、コストパフォーマンスが良いほうが、勝る場合もある。強気の価格設定は自身の表れでもあるが、どんな経営戦略があるのだろうか。気になる所である。
食券機

気になる営業時間

24時間営業、定休日は無し。

注文方法は?

食券機にて食券を購入

今回のメニュー

名前:ラーメン100%とんこつ不使用
種類:ラーメン
料金:1180円
時間:注文してから6分程度
コール:なし

まずは元祖オーダー用紙に記入をする。

このお店の特徴は人に合わずにラーメンを楽しめること。隣の人にも極力顔を合わさない、店員さんともあわない。個人的にはこのシステムにはなれることができない。ラーメンを食べる事に集中でできるのかもしれないけれど何か落ち着かないのである。といってもラーメンを食べる目的で来ているので、用紙に記入。辛さはもちろん10である。
注文内容

さっくりとやってきたノーポークラーメン

はやり豚骨ラーメンは早い。まあ、今回は豚骨ではないが。どうも鶏の脂を利用しているようだ。中央の唐辛子が辛そうであるが、そうでもない。見た目は豚骨スープよりも濃い茶色をしている。
ラーメン100%豚骨不使用

スープを一口。スープには脂も浮いているし、膜もできている。まるで豚骨ラーメンのようだ。しかし口に入れると豚骨とは違う濃厚な味わいが広がる。悪くない。
スープ

レンゲの裏側にスープ表面に浮いていた脂が糸状に垂れ下がっていた。これこそ濃厚脂の極み。スープ

そして麺は、豚骨ラーメン同様の極細麺。豚骨ラーメンではないが、豚骨ラーメン同様に味もまずまずだ。
麺

鶏チャーシューも柔らかく食べやすい。
チャーシュー

一通り味わったので、今度は唐辛子をまぜていただく。
辛しをまぜる

まぜきると濃厚ラーメンから、辛い系濃厚ラーメンに早変わり。このときに思った。このスープは辛い方がよりウマいと。濃厚な鶏スープと辛さのコラボはかなり後を引く味わいに変わった。辛さは、激辛初心者には辛いと思うであろう辛さだ。
麺

脂の量を考えると、スープを飲むのは厳禁だとおもっていたが、飲み終わるとまた飲みたくなる中毒性にはまり、だいぶ飲んでしまった。これははっきり言ってヤバい。何とか我慢して辞める事にしたが管理危なかった。
完食

席の横に貼ってあった「言霊ことだま」とても気になった。ラーメンを食べる事に集中できるお店のはずが、「幸せ~!」「幸せを~!」などスタッフがひっきりなしに復唱している。なんのこっちゃよくわからなかったが帰りがけにようやくわかった。いい言葉だけれど、一周回ってちょっと宗教っぽいかおりがしてとても気になった。普通に「いらっしゃいませ」の方が良いと思う。食べる事にはちょっと集中できないかもしれない。
言霊
気になる所もあったけれど、基本的には全く問題ない味で、大変おいしくいただくことができたし、とてもウマかった。だがしかし、1180円の壁は高し。毎日食べるには高級な値段だという結論。出もまた行ってしまうのだろうなと正直思った。
一蘭 とんこつ不使用

アクセス

東京都新宿区西新宿7-10-18

住所:東京都新宿区西新宿7-10-18 小滝橋パシフィカビル 1F
交通:JR新宿駅:西口下車・・・徒歩5分
営業時間:24時間
定休日:なし

  • 辛さ
  • コストパフォーマンス
  • 駅近
3
The following two tabs change content below.
アバター

ウェブクリエーターオマツ

ウェブ制作事務所代表。 2015年12月からダイエットで、15kg減量達成も79kgから体重が減らず、仕事のストレスと食レポ掲載のため大量に食べてしまい体重が減らないのが悩み!若干リバウンド中!!

関連記事

  1. デスラーメン

    横浜の家系ラーメンの一つ「鶴一家」で激辛家系「デスラーメン」を試してみた。【激辛探訪】

  2. 味噌チャーシュー

    【堀切菖蒲園 背脂豚骨】1980年代後半背油豚骨醤油ラーメンブームで伝説を残した人気店の弁慶でみそチャーシューをいただく

  3. パイナップル辛つけ麺

    【町田に移転】パパパパパイン パイナップル辛つけ麺

  4. チャーシューメン

    【柏 家系】「豚骨醤油ラーメン 柏王道家」のチャーシューメンを食べてみたら今まで食べた家系で文句なしNo1だった!

  5. 幸楽苑 チョコレートらーめん

    【バレンタイン限定 チョコレートラーメン】2019年あの幸楽苑が贈る。チョコレートらーめんを早速食べてみた!幸楽苑 荒川町屋店

  6. 牛乳ラーメン

    【蒲田 家系】家系ラーメン「いっ家」にある牛乳ラーメンはコクのあるスープがまるでシチューのようでハマるもよう!!

Google translation

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930