超オススメ!【荻窪 マーボーラーメン】オープン1年目の隠れ家的お店『マーボーラーメン 44』は、 辛さもしびれも選べて味もサービスも良しのお店だった。【激辛探訪】

ɂقuO OuO H׃O OuOLO u߁I Hו|[^
マーボーラーメン激辛

今回は、荻窪にある「マーボーラーメン 44」に行ってきた。今年4月ころに激辛ラーメン店を探したときに閉まっていたお店だ。荻窪の激辛店舗は、初見で入れることはかなり少ない気がする。しかし、タイミングが合ったときに、いい出会いだったと思わせる前振りなのかもしれないと思える。今回の来店は、美味しく楽しく食べられる来店になり大満足だった。
お店はピンク街の真っ只中。駅前から始まる呼び込みの声かけも、かき分け、かき分け(4人位に声をかけられた)駅から歩いて数分。お店に到着した。曲がり角の少し手前のビルの壁右側に、下部の看板があるので見落とさないように要チェックである。『旨い!辛い!しびれる!』その実力がこれからこれから明かされる。かなり、気になっていたお店なのでワクワクしながらお店に入った。

階段を降りて地下1階に降りる。左手に入口があるのでおもむろに扉を開けた。

食券を購入。もちろん激辛、
辛さレベルは、マーックス!

しかもライスが付いてきて大中小が選べる。ガッツリいきたい人には嬉しいしマーボーラーメンならライスは必須である!(※個人的な感想です(汗))
ここで、ボタンを見ると豆腐がトッピング100円ということで不思議に思ったが。その理由が後ほどわかる。

2017年11月オープンからちょうど1年目。ラーメン・激辛研究に余念がない。12月から担々麺提供予定

超ご当地グルメ、公開約3年2ヶ月、しっかりと更新しはじめて約1年数カ月、こんなにノリノリで話ができた店長さんは初めてだった。荻窪の様々なラーメン店の話や、激辛店舗の話、激辛のもと、ハバネロや、キャロライナリーパー、ブートジョロキアの話に花がさいた。『マーボーラーメン 44』の激辛はいかなるものか、これは、旨さと辛さのバランスをしっかり考えて、味を整えている。そして使う調味料の研究も余念がない。楽しい話の中にもラーメンにかける熱意のようなものが伝わってきた。
そんななか、今回は、超特別に試作したとあるソースをいただくことができた。このどす黒いソースは激辛のアレをアレで作ったそうだ。マーボーラーメンに入れて食べると
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
メチャ辛い!通常作られているものの何十倍も辛いのではないだろうか。

話を聞きながらしみじみ、うまいものを作るという研究に掛ける情熱と姿勢に感動。おそらく多くのラーメン店の方も同じようにされていると思うけれど、直接垣間見れたという事が嬉しいし、こういうお店がどんどん有名になってほしいと思う。
2018年12月には、マーボーラーメンのほか担々麺の開始も予定されているとのこと。是非私も再訪したい!

痺れ四川山椒(ホアジャオ)の量がが選べる。

食券を渡すときに、ライスの量と痺れの量を選ぶことができる。今回は「相当しびれる」痺れ3を選択。山椒もハマるとやめられなくなる。私がハマった原因は、山椒を食べた後にの水の味。ちょっと酸っぱいような、しびれるようなあの不思議な感覚の虜になってしまった。もう、しびれがあると聞いたら0や1なんかありえない。

気になる営業時間

営業は、火曜から土曜日。ランチ12時から15時まで、ディナーは、18時から22時まで、日曜日は12時から15時まで
休業日は月曜日。

注文方法は?

食券機で食券を購入

今回のメニュー

名前:マーボーラーメン激辛
種類:ラーメン
料金:900円(税込)
時間:注文してから8分程度
コール:ライス(中)痺れ3

マーボーラーメン激辛がやってきた。

さあ、期待の麻婆ラーメン激辛がやってきた。美しい盛り付けに感嘆!具材は玉子、もやし、玉ねぎ、ネギ、ひき肉などなど、しかしアレが足りない。マーボーラーメンというと豆腐の存在があるわけだけれども、普通に見ている分には全く豆腐の影も形もない。

そして、色鮮やかな粉たちは、鰹の魚粉と唐辛子、そして四川山椒。本当に崩してしまうのがもったいない!

スープを見てみると、サラッとしたスープの周りに麻婆あんかけがありプルプルとしている。味はまずまずの辛さ。トロッとしたスープが口の中にひろがる感覚もなかなか良い。確かに激辛としてはそうでもないけれど、マーボースープの味わいとこの激辛がマッチしていてうまい。そしてなにより食べやすい。これは、豆腐全く入っていなかったことによることが大きい。来店して気がついた食券機のトッピングボタンで豆腐があるのは、豆腐が入っていないからだろう。個人的に思ったことではあるが、豆腐が入っていることで、ラーメンの美味しさに集中できないし、印象チープになってしまう(麻婆豆腐のライスの代りに麺がる的な一般的な印象から抜けられない)。あえて豆腐を抜いてしまうことで、マーボーラーメンという一つのジャンルを上の段階に押し上げることに成功しているのではないだろうか。だから麻婆豆腐ラーメンではないのである。

もったいないけれど、山椒などの粉を崩してスープに混ぜ、次に麺をいただく。
ああっ脳が痺れる~!

麺は中太麺、スープもとろみもしっかりと絡みつき、口中にひろがる
辛さと痺れ!た・ま・る・か!

激辛の中には、ハバネロが入っているとのこと。大辛とは一味違う辛さになっている。看板にあった『旨い!辛い!シビれる!』に嘘偽りはなし!最高だ!
そんな中、もうひとつメニューには使われていないソースをいただいた。世界一辛い唐辛子作られたアレである。二滴ほどたらして実食。先程のソースに比べて格段に辛い。例えるならグリーンのタバスコのような風味からの猛烈な辛さ。これをメインで使っている激辛であれば撃沈間違いなしだろう。色々見せていただいて大変感謝でした。

最後に沈んた玉子をいただいく。

スープはご飯にかけておじや風に

余ったスープも全部飲んでしまった。ダイエットはどうした!年内はお休みでwww

すべて食べ終わると、なんとサービスで杏仁豆腐をいただいた。ミントがかかっているタイプ!オシャレだ。一口食べると口内に杏仁豆腐の甘さと爽やかなミントの風が吹く。(このときばかりは山椒の後味がちょっと残念だったけれど、)激辛を食べた跡のケアにも良かったと思う。今日は、ここに来て本当に良かった。大満足でした。ありがとうございました。

帰りに超ご当地グルメの名刺を渡し、名刺交換をしてお店をでた。激辛と旨さの調和がとれた絶妙なマーボーラーメンだった。マーボーラーメンが好きな方、旨い激辛アンド痺れを体験したい方は是非オススメ。激辛度は初心者から中級者向け。
※下の写真は1階入り口の写真。入るとすぐ地下に降りる階段があるのでそこから来店してみて下さい。

このところの激辛探訪で、とうとう胃がやられたか、味覚がやられているかはわからないが、荻規模駅付近で辛いものと食べたときにあるあの胃の鈍い痛さを感じることに。飲むアイスクリームでケアし、南阿佐ヶ谷駅まで歩いて帰ることにした。実はかなりの辛さを誇っていたのかもしれない。

アクセス

東京都杉並区上荻1-17-7

住所:東京都杉並区上荻1-17-7 第5田丸ビル B1F
JR中央・総武線荻窪駅:北口下車・・・徒歩3分 
座席:7席
営業時間:火~土曜日:12:00~15:00/18:00~22:00 日曜日:12時~15時
定休日:月曜日

 

(Visited 50 times, 50 visits today)
  • 辛さ
  • コストパフォーマンス
  • 駅近
4.1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で超ご当地グルメをフォローしよう!

関連記事

  1. 達磨辛子ラーメン

    【激辛探訪】新宿 中華菜房 達磨 達磨辛子ラーメン

  2. 濃厚味噌がたまらない!麺に絡みすぎるほどの濃厚スープに脱帽!!中野 味噌が一番 辛いドロ味噌麺

  3. 【激辛探訪】湯気が出る熱々のつけ汁に肉増!大辛!五反野で食べる自家製キムチつけ麺『キムカラ』グレ

  4. 激辛ラーメン

    [大塚 激辛]大塚の人気ラーメン店で激辛ラーメンを試す!北大塚ラーメン!

  5. 新感覚!『いわししゃぶしゃぶ』がヘルシーでうまい! 荻窪 motenasi

  6. 東京ラーメン

    【大手町 ラーメン】孤高のグルメで紹介されたお店だったのか!『大手町ラーメン』で東京ラーメンを食べる!

Google translation

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31