[荻窪 ラーメン]2018年5月オープン 井の庄グループ新店 濃菜麺で辛辛濃菜つけ麺を食べた結果【激辛探訪】

辛辛濃菜つけ麺
ɂقuO OuO H׃O OuOLO

井の庄グループのラーメン店が荻窪に新店オープン!石神井公園にある麺屋井の庄の系列ということらしい。
あそこは食べに行きたかったラーメン店の一つ。激辛探訪の対象店なのだ。

店の前には看板があり、ランチタイム限定メニューの宣伝もある。なにこのおしゃれラーメン!暑い夏に冷たくそして、西洋わさびとレモンの爽やかなイメージ。
野菜も色とりどり見ているだけでワクワクさせるのはさすがとしか言えない。昼いったらもう必ず食べてしまいたくなるわ。
洋風わさびの冷製まぜそば

お店に入ると右手に食券機『辛辛濃菜つけ麺』を購入。
お店は白を貴重にした美しい店内。食券を出すと、普通盛りと中盛りと無料で選べるようだ。大盛りは+100円。
聞き逃してしまったが、辛さの調整ができるようだ。激辛があるのか、辛さを抑える調整なのかは不明。今後再度調査してみたい。

注文方法は?

食券機を購入するタイプ

今回のメニュー

名前:辛辛濃菜つけ麺
種類:つけ麺
料金:800円(税込)
時間:注文してから8分程度
コール:中盛り

辛辛濃菜つけ麺

中央が真っ赤だぜ!なかなか痺れる見た目じゃあないか!
スープは、豚骨系スープに油が浮いている。
辛辛濃菜つけ麺スープ

チャーシューも赤いぜ!チャーシューは豚肉だろ?ちょっと心配になったが、これは最近流行りの低温熟成調理。
6時間かけて作っているようだ。最近はチャーシューを作る技術も発展しているんだと実感する。

麺は太麺、バツバツと噛み切る感覚が心地良い!そのまま食べるとやや甘めで、チャーシューに接していた部分は、塩分が付着しその塩分もまた旨い新鮮な味わいになっていた。
辛辛濃菜つけ麺

そして、おもむろにスープに投入!唐辛子系の真っ赤な部分に入れるとものすごいことに。
ひとくち食べて、こりゃ辛え!そのままのどにスープが接触→むせる!
最悪のパターンだ。これが結構辛いということは、石神井公園の井の庄の激辛はかなりからそうだと実感する。味は辛さが強いが、豚骨系の味がしっかりとするので辛さが強いが負けてはいない。なかなか旨味のある激辛系スープだった。写真でも見て取れるように、スープはしっかり絡みつく。スープの中にはしっかりと野菜がたくさん入っている。これは嬉しい!
辛辛濃菜つけ麺スープに投入

豚チャーシューを投入。ハムのような味わいでうまい!
辛辛濃菜つけ麺豚チャーシュー

鶏チャーシュー!ささ身なような味わいでこれもなかなかの味わい
鶏チャーシュー

麺と具材を頂いた後のしめは、スープ割り!
いつの間にか、スープが真っ赤になっていたよ。

激辛スープにもあうスープ割り、うまかった。

スープまで完食!やっちまったさ。
最近スープを飲まないというルールを守れない。
うまいラーメンを作るお店が行けないのだ。
と人のせいにしてはいけないわな。うまい麺の誘惑と戦いながら食べていくしか無い。

荻窪近辺の方はぜひ一度行ってみることをおすすめします。
この地殻にもう一店、激辛系ラーメンを販売する店もあるので近々レポートします。

アクセス

東京都杉並区上荻1-18-3

住所:東京都杉並区上荻1-18-3 第2亀屋酒販ビル 1F
JR中央・総武線荻窪駅:北口下車・・・徒歩3分
営業時間:11:00~16:00 17:00~23:00
座席:15席(カウンター)
定休日:無休

 

 

  • 辛さ
  • コストパフォーマンス
  • 駅近
4.1
The following two tabs change content below.
アバター

ウェブクリエーターオマツ

ウェブ制作事務所代表。 2015年12月からダイエットで、15kg減量達成も79kgから体重が減らず、仕事のストレスと食レポ掲載のため大量に食べてしまい体重が減らないのが悩み!若干リバウンド中!!

関連記事

  1. [肉そば けいすけ 湯島]真っ黒な醤油スープにツルツル麺が心地いい!肉そば醤油大

  2. 【山盛注意】家系でつけ麺をたらふく食べるなら!900gまで無料! 辛つけ麺 日暮里 春樹

  3. 欲張りらすた麺

    【代々木 家系】豚骨ラーメン「欲張りらすた麺」を注文したら、色々と凄くてびっくりした!

  4. 太陽の昇る階段を降りていくとそこは 鶏こく中華 すず喜 でした。三鷹で人気上昇中のお店に行ってみた!

  5. 地獄ラーメン2丁目

    【大阪 高槻 激辛】「いち花」の激辛地獄ラーメンはその名の通りの地獄的な辛さでした。。。【激辛探訪】

  6. 達磨辛子ラーメン

    【激辛探訪】新宿 中華菜房 達磨 達磨辛子ラーメン

Google translation

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930