[上海麺館 中野 ]魚介、特性辣油、柚子のフルコラボ!チョイ辛柚子辣鶏そばでイク!

ɂقuO OuO H׃O OuOLO u߁I Hו|[^

以前から気になっていた中野区の上海麺館に行ってみた。
このお店は、2011年7月オープンということで長い期間中野後でお店を開いているようだ。
店の外見は木材を基調とした屋台風の見た目で入りたくなってしまう雰囲気を醸し出している。
また、上海麺館メニューを写真で張り出してアピールをしている点、小腹がすいているとき、空腹のときはその写真を見ただけで
食べたくなってしまうかもしれない。
めにゅーは。豚そばと鶏そばがメインで今回ちょっと変わっている「柚子辣鶏そば(ゆずらーとりそば)」をいただいてみることにした。
チョイ辛というのがポイントである。

店内は、カウンターのみ10席あまり広くはない店舗ではあるが、適度な広さがあるため狭いという感じはしない。
落ち着いて食べられるだけのスペースはある。

注文方法は?

食券を購入するタイプ

今回のメニュー

名前:柚子辣鶏そば
種類:ラーメン
料金:850円(税込)
時間:注文してから約5分
コール:大盛り

柚子辣鶏そば

意外と早くやってきた。ゆず入りの鶏そばはとても気になる。どんな味になるのだろうか。
早速スープをいただいてみる。
ベースとなっている鶏と魚介の風味が強く、辣油の辛味がポイントである。
さらにゆずの風味がやや遅れてやってくるあたりにさわやかさを感じる。

具材はシナチク!ザクザク食感でうまい!

ネギと柚子の皮が入っている。これが柚子風味のもと。
大変マッチしている。

そして巨大なチャーシューが二枚。並べると、
どんぶりの半分を支配してしまうのではないかと思うほどの大きさである。
味は、肉肉しいチャーシューである。厚みは普通なのでそれほどの厚みではない。

麺は、鶏白湯(とりぱいたん)でよくつかわれている細麺タイプ。
柔らかめの麺が特徴である。
スープの味がしっかりしているため麺にも味が絡みつきつるつると食べられる。

たまにはピリ辛ラーメンも食べて見るものだなと実感。
大変美味しくいただけた。柚子風味というのもとても新鮮だった。
今度は豚そばもチャレンジしたい。

豚そば、鶏そばがお好きな方、基になる方はぜひ落ち度お試しあれ!

アクセス

東京都中野区中野5-63-4

住所:東京都中野区中野5-63-4
JR中央・総武線中野駅:北口下車・・・徒歩1分程度

 

  • 辛さ
  • コストパフォーマンス
  • 駅近
3.6
The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン)

    [神保町 ラーメン] 三角麺も選べる蘭州拉麺!日本のラーメンとは一味違う?!馬子禄牛肉面をいただく!

  2. 【渋谷に移転】【バレンタイン限定】これが都内最強のチョコレートラーメンか?!バレンタインラーメン 吉法師 本所吾妻橋

  3. 調布  深山茶屋  とろろそば

  4. 地獄味噌裏2

    【激辛探訪】大門 麺屋そら 地獄味噌裏2

  5. 特製鶏白湯BLACK

    【三鷹 鶏白湯 ラーメン】2019年5月開店 鶏そば専門 次男坊で「特製鶏白湯(トリパイタン)BLACK」+ミニ豚めし(サービス)を食べた結果。

  6. 三鷹に行ったら1度は食べたいオムライス 三鷹産業プラザ1F ハイファミリア

Google translation

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930