町の中華とは思えない激辛麻婆豆腐が食べられる南浦和の「丸八」

ɂقuO OuO H׃O OuOLO

人口の割に飲食店が少ない南浦和で、地元民に長きに渡って愛され続けられる町の中華食堂、丸八。余談ですが、人口比で日本一学習塾が多い場所でもあります。

地元では丸八という店名は知らなくても、黄色い屋根の中華屋と言えばだいたい通じるくらいの有名店です。

お店の様子

カウンターのみ。厨房でいつも2〜3人で切り盛り

気になる営業時間

ランチ:11:30~14:00 ディナー:17:00~24:00
※閉店が早まることあり
定休日:日曜、祝日休み

注文方法は?

カウンターから直接注文。お会計は最後で、現金のみ

今回のメニュー

名前:四川麻婆丼 半ラーメン付き
種類:麻婆豆腐と塩ラーメン
料金:780円(税込)
時間:12分程度

町中華最強の激辛麻婆豆腐

麻婆豆腐丼の半ラーメンセットを注文。お昼時はいつも満席に近い状態ですが、あまり待たされることなく、15分かかりませんでした。

見た感じはどこにでもある普通の麻婆豆腐。あまり四川らしくありません。しかし口に含むとあまりの辛さにびっくり。響き渡るような、強烈な辛さ。初めて行く中華料理ではたいてい麻婆豆腐を食べるのですが、一般人を意識しているので、そんなに辛くはありません。そのため、激辛を謳っていない麻婆豆腐の中では一番の激辛です。

その一方で、豆板醤の旨味も軸があって、辛さとのバランスが絶妙。山椒の痺れはほとんどなく、胡椒系のスパイシーさがあります。白米も炊き立ての美味しさで、これも麻婆豆腐の旨辛さを包み込んでくれます。

ラー油をかけてみましたが、もともと辛いせいか、あまり変化がない感じです。他に胡椒やお酢も卓上にあります。

セットで頼んだ半ラーメンは可もなく不可もなくのレベル。しかし80円追加するだけで食べられることを考えれば、原価を心配してしまいます。この店のメニューは大盛りが基本ないので、よく食べる人は間違いなく注文すべきです。麺はツルツル、あっさりスープが主役を邪魔することはありません。

メニュー豊富でテイクアウトもやっていますので、ランチに困ったらここです。定食メニューもあります。

アクセス

埼玉県さいたま市南区南浦和2-40-7
JR京浜東北線南浦和駅:東口下車・・・徒歩3分 
座席:カウンター席のみ
営業時間:11:30~14:00  17:00~24:00
定休日:日曜、祝日休み

 

  • 辛さ
  • コストパフォーマンス
3.8
The following two tabs change content below.
ノミ スキー

ノミ スキー

さいたま市に住むたぶん普通のサラリーマン。文字通りお酒大好きで、ワインの資格も持っています。酒好きが食する超ご当地グルメを紹介。

関連記事

  1. 暑い夏でも二郎系!鷹の目大宮店の激うま冷麺

  2. 毎週木曜日は長蛇の列!南浦和一のラーメン屋はら田の二郎系

  3. 陳麻家 ハーフセット担々麺・担々麺

    【新宿 担々麺 陳麻飯 激辛】 ハーフセットで激辛を追求した結果。失敗したことに気がついた!!陳麻家 西新宿7丁目店 【激辛探訪】

  4. ラーメン中盛

    【中野 家系】五丁目ハウスという家系ラーメンのお店で「ラーメン中盛」を頼んでみた。 

  5. 【閉店】【激辛探訪】爽やかな辛さを求めるなら青唐爽麺ハルク青唐そば(烈辛)

  6. 辛豚ラーメン

    【西荻 家系】三鷹から久しぶりに歩いて来た西荻で家系ラーメン西荻家の「辛豚ラーメン」を食べてみた。

Google translation

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930