麻辣刀削麺(激辛)パクチートッピングを食べて感動。本場中華の複雑なうまみが最高だった!武蔵境で刀削麺を食べるなら上海楼 刀削麺館へ行くべし!【激辛探訪】

麻辣刀削麺(激辛)
ɂقuO OuO H׃O OuOLO

火曜日はことごとく、行きたい麺のお店が休みのことが少なくない。なぜなんだ?
三鷹駅下連雀の商店街は火曜日休みのお店が多い。これはたぶん町の特色なのだろう。

しかし、武蔵境でそんなことはなかったような気がするのだが、行こうと思って候補に挙げていた三店舗がことごとく休みじゃ。

そんな中で、本場中華のお店「上海楼 刀削麺館」に入ってみることにした。ここは、なんとなく気になっているお店だったがなんとなく敷居が高くて入っていなかったお店だった。
上海楼 刀削麺館

お店に入ってみると、普通のラーメン店的なカウンター席が並ぶ。なんだ、ちょっと懐かし系ラーメン店とほぼ同じような店内。これなら安心しては入れる。券売機を発見したので、食券を購入するために行ってみる。中華麺を食べるなら激辛が食べたい。ということで、麻辣刀削麺(激辛)を選択。
券売機

さらに、パクチーをトッピングしよう。
券売機

気になる営業時間

11:00~23:30
定休日:不定休
コロナウイルス感染症対策の為時間・日程が異なる場合があります。

注文方法は?

券売機で食券を購入。

今回のメニュー

名前:麻辣刀削麺(激辛)
種類:刀削麺
料金:800円+100円=900円(税込)
時間:注文してから10分くらい
オプション:パクチートッピング

麻辣刀削麺(激辛)が到着

席に座って、麻辣刀削麵ができるさまをまじまじと見てみたが、刀削麺の塊から包丁か何かでそぎ落とすように窯に麺を削り入れていく様子がとてもかっこよい。到着した麺もパクチーが山盛り乗っかって見た目もかなり大満足。麻辣刀削麺(激辛)

とにかく麺からいただくことにしたが。一本いっぽんそぎ落としながら麺を削りだしていたのに、大きさがほぼ、均等にそろえられているように見えた。これは職人技を感じる。もちもちでうまい!麺

野菜は、もやしとキャベツが入っていた。やさい

スープは、全然激辛ではないのだが、しびれは結構聞いていたと思う。というか、おマツの舌が辛さを感じていないだけかもしれないが・・・。そしてさらにこのスープの味がとてもうまいのだ。日本の麵にはない中華麺独特の複雑な味がかなり癖になる!スープ

一通り食べてから気になったテーブルトッピング。今回は二つ入れてみた。まずは、山椒。これで痺れアップだ。山椒

山椒投入!山椒投入

つぎは、辣油。これで辛さアップだ。辛味スパイス

山椒の上に辣油を投入。辣油

しっかり混ぜて、麺をいただく!辛さも痺れもまずまずのアップでうまさが増した。さらに麺を食べる

あっという間に完食!ほんとうにこういうスープは困る。あともう一口、もう一口と飲み進めて結局飲んでしまう。塩分過多は要注意なのだ。ただ、うますぎてたまらないんだよ。
辛さ的にはもっともっと辛いのが食べたいが、食べられるうまさを追求するならこれくらいがちょうどよいのかもしれない。またこよう!完食

【アクセス】

住所:東京都武蔵野市境南町3-1-2 1F
交通:中央線・西武多摩湖線武蔵境駅:南口下車・・・徒歩約3分
営業時間:11:00~23:30
コロナウイルス感染症対策の為時間・日程が異なる場合があります。
座席:10席(カウンター)
定休日:不定休

 

  • 辛さ
  • コストパフォーマンス
  • 駅近
3.3
The following two tabs change content below.
アバター

ウェブクリエーターオマツ

ウェブ制作事務所代表。 2015年12月からダイエットで、15kg減量達成も79kgから体重が減らず、仕事のストレスと食レポ掲載のため大量に食べてしまい体重が減らないのが悩み!若干リバウンド中!!

関連記事

  1. 激旨辛背油ラーメン

    【家系 吉祥寺】激旨辛背油ラーメンを辛さ増で食らう!人生初の吉祥寺家の家系ラーメンで激辛探訪

  2. ウマ半辛ラーメン並+うま辛

    【町屋 家系】2019年5月オープン。町屋駅前の新たな家系ラーメンに辛そうなラーメンを食べに行く!「うま半辛ラーメン並」+「うま辛」麺家 千祥【激辛探訪】

  3. 贅沢釜揚げ

    【閉店】【三鷹 尾道ラーメン 釜揚げ】三鷹駅北口にある尾道ラーメン麺杏にて柔らかチャーシューをガブガブいただいちゃう!絶品の「贅沢釜揚げ」がウマい!

  4. 手打風 湯島ラーメン 激辛ラーメン 大辛

    [激辛 湯島]手打風?!湯島ラーメンの激辛ラーメン「大辛」は赤唐辛子と青唐辛子が入っていてこんなにすごい激辛にできるなんてあっぱれ!

  5. チャーシュー麺

    東京背脂豚骨醤油の始祖1935年から続く老舗ラーメン店!吉祥寺のホープ軒本舗についに来た!チャーシュー麺をいただいた。

  6. 鶏白湯極

    田無で鶏白湯をいただく!初めて訪れた「くれは」メニューは「鶏白湯極」でよろしく!

Google translation

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930