【予想外のウマさ!】話題?!のコーヒーラーメン(アイス)を食べて新境地へ!!亜呂摩 お花茶屋

ɂقuO OuO H׃O OuOLO

色々と難儀な事が多い毎日である。

そんな中お邪魔したのは、お花茶屋駅近くにある『亜呂摩』これでアロマと読む。

お店は喫茶店タイプ。
カラオケもできたりする。

店に入るとマスターが熱唱中。
店はまだ営業中って看板出ていたよなあと思い、

「まだ大丈夫ですか?」と聞いてしまった。

どうも夫婦で経営しているお店らしい。

カウンターの真上にコーヒー麺という看板がある。
よし!これで行こうという事でコーヒーラーメンを頼む。
ホットとアイスがあり、今回はアイスで頼んだ。

お値段700円(税込)

その他、サラダメンと普通のつけ麺タイプのものがある。
こちらは普通のスープを使っているそうだ。

さて、問題のコーヒーラーメン(アイス)がやってきた。
見た目がギャグのようなラーメンである。いや、お茶目なラーメンと言ったらよいだろうか。
以前、mixiのラーメン屋台経営するゲームでこんな感じのラーメンを作ったことがある。
なんか微笑ましい。
入っているものもいろいろ気になる。

問題のスープのお味は、
珈琲の味に塩分の辛みがマッチする。口に広がるのは珈琲ではあるが、塩分を感じる。
においは珈琲なのにしょっぱいとは非常に摩訶不思議。

マスターに聞くと、醤油は使わず、塩をつかって味を調えているそうだ。塩ラーメン系だ。
改良に改良を加え今の味になっていると言っていた。研究のたまものである。

コーヒーラーメンと聞くとまずそうだが、まったく、まずくもないし、
砂糖も入っていないので、甘くもない。

 

ちょっと配置を変えて『福笑い』風にwwww
(コラッ!食べ物で遊んではいけない。)
鼻を形どっているのはチーズである。リンゴかと思ったら全く違った。

 

頬っぺたは、ナルトと大根かと思ったら、大根ではなく、キウイ

我慢ができなくなって麺をいただく。
これが噂のコーヒー麺。ラーメンというよりはソバに近い。
麺の中にはコーヒーが練りこまれていて、しっかり珈琲の味もする。
普通の醤油系麺つゆとも相性が良いとのこと。

おでこの角?は、サラミとバナナ。
結構うまい取り合わせかもしれない?!
そして、チャーシューはハム。

顔が崩れていくさまが結構面白かったりする。
いやグロい?

卵は両目をかたどっていて、瞳にはコーヒー豆、
ゆで卵と食べるとカリカリ、サクサク。
触感が新鮮だ。

卵の後は、アイスクリームと行きたいところだけれども、
ここで、アイスだけ食べてはいけない。
通の食べ方は、珈琲スープとアイスをまぜまぜする。

気持ち悪い?いや、それはあたらない。
マスターが「味がまろやかになって雰囲気が変わるよ」というのであればやるしかない。

珈琲のスープにアイスクリームをまぜませしてみた。
ちょっと油が浮いているのが気になったけれど、
その味は非常にクリーミーである。
こちらの方が、混ぜる前よりもっと好きな味かもしれない。

感覚としては、珈琲フロートに似ているが、食べたときの甘さは全くない。
アイスクリームの甘さは、塩分にかき消されているような感じがした。

まさに、微妙なバランスで、不思議なウマさである。
個人的にはかなり有り!
見た目に騙されて食べるを辞めては、いけない・・・

結局スープまで飲み干してしまった。
塩分ヤバくない?それだけが心配だったけれど、この味は飲み干したくなる。
そう思わせる味という事に間違いはない。。

マスターは屈託のない方で、色々とお話をしてくれた。
珈琲への愛が伝わってくる。それくらい熱心に珈琲とこのラーメンに取り組んでいたんだと思います。

今度はホットを食べに行こう。アイスを食べた時点ではこちらの方がウマいだろうと思うのだけれど。
できれば、サラダメンと、つけ麺も試してみたい。

メニューには、コーヒーラーメンとサラダメンとつけ麺が用意されていた。
恐らくほかのメニューもあります。

このお店はコーヒーラーメンを目当てに訪れるお客さんがたくさんいて、
テレビでも取材を受ける事が多いのだとか。
店内にはアナウンサーや有名人のサイン色紙が飾られていた。

また、マスターから感想をノートに書いてほしいという事で書きましたが、
他の人の感想はおおむね良好。
まずいという内容は目にとまらなかった。

正直、好みはあると思うけれど、ウマかったし、癖になる珈琲ベースの塩ラーメンといった感じだろうか。
っていうか虜になってしまったかもしれない。
新境地を開いた感覚。
大変新鮮でした。

東京都 葛飾区 宝町 2-19-16

住所:東京都 葛飾区 宝町 2-19-16
京成本線お花茶屋駅下車・・・徒歩5分

(Visited 86 times, 5 visits today)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で超ご当地グルメをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 巣鴨 蔦つた

    巣鴨 蔦(つた) 焼豚醤油らーめん

  2. 幡ヶ谷  麺や 佐市 つけ・佐市麺(全部のせ)

  3. 【激辛探訪】マイルドな辛さで食べやすい麺屋はつがい極辛辣椒つけ麺

  4. 鶏塩葱ラーメン

    [西永福 ラーメン]魚民で食べる鶏塩葱ラーメンの実力はいかほどか?!魚民 西永福駅前店

  5. 白湯ラーメン

    [川崎 ラーメン]川崎鳥メロで食べる居酒屋のラーメン!白湯ラーメンの味はうまいのか?!

  6. 【激辛探訪】新宿歌舞伎町の深部で激辛を食らう!オロチョンラーメン9倍 利しり

Google translation

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930