【亀有 激辛】亀有で発見した地獄つけ麺!この麺は本当に激辛なのかを実食してみた!【激辛探訪】亀有 中華 和

ɂقuO OuO H׃O OuOLO u߁I Hו|[^
地獄つけ麺

亀有に行って見つけてしまったこの看板。「地獄つけ麺」と書いてある。「地獄」と言ったら激辛でしょう?それだけで店内に引き込まれてしまう。お店に入ると、大衆ラーメン店のような雰囲気。メニューもたくさんありいろいろなラーメンを取り扱っているようである。そして、このお店の餃子。結構大きくて特徴がありそうだった。しかし、今回は「地獄つけ麺」これ一択で攻めてみるのである。

看板

気になる営業時間

 11時から29時まで

注文方法は?

メニューを見て注文。帰りに精算

今回のメニュー

名前:地獄つけ麺
種類:うどん
料金:860円
時間:注文してから10分程度
コール:なし

地獄つけ麺がやってきた。

表面は辣油の赤。辣油が表面に浮いて分離しているタイプ。このタイプは辛さがそれほどでもない場合が多いが今回どれくらい辛いのだろう。
スープ

そして、味はとにかく唐辛子の辛味もあるが醤油系でややしょっぱい感じもある。しかし辛さはそうでもないのが残念。多少ヒリヒリ感が残る程度で悶絶はない。
地獄とはいっても、まだまだ地獄の入り口付近くらいか。後で知ったのだが辛さの調節はできるそうなので、さらに辛くしてもらうと超激辛体験ができるのかもしれない。スープ

麺には、チャーシュー、半熟味玉子、シナチクがのっている。この価格で一通り具材がのっているのはコスパが高い。場所によっては麺しかない場合もある。麺

まずは麺から、麺は中太麺でつるつるしこしこ。ほぼ縮れていないのでどんどん吸い込め、すすることができるタイプ。辛さもそれほどではないので、なかなか具合がよい!
麺

シナチクは、安定のザクザク食感。
シナチク

チャーシューは可もなく不可もなく一般的なラーメンに入っているのと同じである。しっかりスープを付けて食べるのが良し!大きさもなかなかで食べ応えもある。チャーシュー

半熟感が素晴らしい、味玉。口の中に入れるとジュワッとひろがる黄身がうまい!味玉

食べる進めるにつれて、口の中がひりひりするものの、麺がすすむくん!麺が進くん

あっという間に完食してしまった。時間にして10分弱。「毎度のことながら落ち着いて食べろ!」といわれてしまう。完食

真の激辛としては、もっともっと辛いのが良いけれど、初心者向け激辛ならばおススメできる辛さ。初めての激辛の人でも多分問題ないのではないだろうか。中華和(kazu)

東京都葛飾区亀有3-29-1

住所:東京都葛飾区亀有3-29-1-102 リリオ弐番館1階
交通:JR常磐線亀有駅:南口下車・・・徒歩2分 
時間:11:00~29:00
定休日:なし

 

 

  • 辛さ
  • コストパフォーマンス
  • 駅近
3.4
The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 特製鶏白湯BLACK

    【三鷹 鶏白湯 ラーメン】2019年5月開店 鶏そば専門 次男坊で「特製鶏白湯(トリパイタン)BLACK」+ミニ豚めし(サービス)を食べた結果。

  2. 高島平つけ麺や辰盛 牛すじつけ麺 半炒飯セット

    【やっぱり麺が好き】高島平つけ麺や辰盛 牛すじつけ麺 半炒飯セット

  3. 【御茶ノ水 辛シビ 味噌ラーメン】御茶ノ水 なおじで10月18日から始まった新メニュー「辛シビ 味噌ラーメン」早速食べてみた!!

  4. カオソーイ

    タイの甘辛カレーラーメン『カオソーイ』2種類の麺が楽しめる!中野 タイ屋台 999

  5. 立石 愛知屋

  6. 支那そば

    【飯田橋 ラーメン】飲みの締めに飯田橋の老舗ラーメン店びぜん亭に支那そばを食べに行ってきたときの話

Google translation

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930