【激辛探訪】激辛好きな人専用 頂天石焼麻婆刀削麺(地獄辛) 中華ダイニング ミスター陳

にほんブログ村 グルメブログへ

仕事帰りに見つけた『中華ダイニング ミスター陳』の看板に『地獄辛』とあった辛い物はしばらくたっていたので正直怖かったけれど、
激辛をこえる激辛というのであれば試してみるほかないでしょうということで挑戦をしてきました。

このお店は四川料理のお店のようです。なるほどね。辛くてうまい四川料理という認識を持っているので、かなり期待。

まだディナーには早い時間だったので、客は自分ひとり地獄辛を頼むにはちょっと勇気が必要です。

頂天石焼麻婆刀削麺(地獄辛)

辛さの目安としてメニューにある図でいくとこのお店で一番辛い40倍に相当します。

これを見てなかなか注文するには勇気がいります。
死ぬほど辛いのかと思わせる演出なのかと勘ぐってしまう。

石焼きのため、しばらく沸騰し続けます。泡立ちも激しいのですぐに近づくのは危険です。
お店の方が、麺にかけるほうが食べやすいというアドバイスをくれたので遠慮なくかけることにしました。

頂天石焼麻婆刀削麺(地獄辛)

麺は、平麺結構粘りがあり、他の麵にくっついてしまうほど。

頂天石焼麻婆刀削麺(地獄辛)

箸では若干つかみにくい印象です。

頂天石焼麻婆刀削麺(地獄辛)

そのお味は、地獄辛にふさわしい。最近食べた中では最も辛い。
ただ、辛いだけではなく味があるので美味しいです。ただし、痛いし熱い。
石焼き上で食べていたら冷めるまで食べられないでしょう。

この麺は、唐辛子のスープにつけて食べているイメージ。
めちゃくちゃ辛いので早く食べないと苦痛が襲ってきて麻婆豆腐を全て食べきれません。
麺かご飯がないと難しそうです。

20分くらい格闘して、汗が滝のように流れ、食べた後には満足感をえられる内容でした。

頂天石焼麻婆刀削麺(地獄辛)

食べ終わった後、30分くらいは辛さが残ります。
激辛好きにはお勧めしたい料理です。普通の人は手を出さないほうがよいかも。

 

東京都 港区 赤坂 3-12-1

住所: 東京都 港区 赤坂 3-12-1 フローレンス赤坂ビル B1F
東京メトロ千代田線赤坂駅下車・・・徒歩5分

(Visited 153 times, 91 visits today)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で超ご当地グルメをフォローしよう!